指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」が半端ない!!!!

メモ的な

2014年7月15,16日に東京タワーのすぐそばのザ・プリンス パークタワー東京で行われた「SoftBank World 2014」に行ってきました。2日間で8講演に参加してきたのですが、最終日の一番最後に講演のあったログバーが作った指輪型ジュエラブルデバイス「Ring」にびっくりしたのでご紹介!!

ホントは参加するつもりはなくて流れで参加したのですが、なんかすごい感動したし期待しているのでご紹介。

ウェアラブルデバイス「Ring」とは何が出来るものなのか?

講演の最初に流された動画がこちら。まずはこの動画を見て下さい。40秒程度の動画なのですが、これを見ただけでかなり引きこまれました。

簡単に言うと、人差し指にした指輪「Ring」でいろいろなものを操作できるっていうデバイスです。使い方は簡単なようで、まず指で設定してあるマークを描いたあとにそれに対する操作をしてあげるってかんじです。

この動画の中だと、自動で開閉できるカーテンを開けたり、テレビの電源をつけたり、指の動きだけでメッセージを送ったり、会計(支払い)をしたり、自分の位置をメールで送ったり、車のオーディオのボリュームを上げたり、スイカとかパスモのように使えたり、名刺代わりに個人情報を交換できたりなど、様々なことが出来てしまうっていうすさまじいウェアラブルデバイスです!!

Logbar(ログバー)のCEO吉田さん

講演では先程の動画が流れたあとに、CEOの吉田 卓郎さんが出てこられて、準備されていた質問(Q&A)をベースに答えていくような形で講演が進んでいきました。
ただ動画の次にびっくりしたのが、吉田さんです。ちょっと遠かったのですが、パッと見すごく遊んでいそうなお兄さんで、しゃべりもすごく軽い感じで「ん???マジで~??」ッて感じがありました。(吉田拓郎さんと漢字は違うけど、同じ名前ってネタにもしてましたww)

ちょっと探してみたらLogbarのHPに、プレス用の素材があったので使わせてもらいます!吉田さんはこんな方です。絶対やり手ですよね。
参照:LogbarのHP

CEO_Takuro_Yoshida

最初のイメージでおっ!っていうのはありましたが、時間が経つに連れてどんどんRingの世界に引き込まれていきます。
なんか気になって、メモを取りながら講演を聞いていたのですが、吉田さんはおもしろいことが大好きなタイプのようで下記の発言が印象的でした。

今ある技術を組み合わせて製品を作るのではなく、理想を最初に考えてそれに向けて製品を作っていく

(※講演を聞きながらのメモなので、言っていたこととはちょっと違うかもしれないです。。。)

これを聞いた時に思ったのが、スティーブ・ジョブズかっ!!!って。。さらにそれと同時になんか鳥肌が立ちました!!たぶん、ジョブズのプレゼンを生で聞いたらこんな感じだったんじゃないかって思いました。それぐらい僕の中ではインパクトがありました!!

Logbar(ログバー)という会社名と、吉田さんの経験

途中でちょっとだけ言っていたのですが、吉田さんが以前にバーをやっていた経験があるようでバーっていうのが入っているようです。
そのバーも、おもしろい仕組みがあって、メニュー表の代わりにipadをお客さんに渡して、そこから注文をするとほかのお客さんに誰が何を頼んだのかがわかるようになって、「カンパイ!」のメッセージを送れるっていう遊び心があるバーをやっていたそうです。(おもしろいこと考える人は、おもしろいことしてますね。)

吉田さんは、北海道の小さな村出身だったけど高校の時から留学をしたり、プログラマーになってからはPCだけ持って仕事しながら世界を回っていたりと、いろいろな経験をされているそうです。その結果、おもしろアイディアが出てくるんですかねぇ〜。ほんとすごいわ。

Ringをもっと知る

最初に見てもらった動画が、Kickstarterというアメリカのクラウドファンディングで衝撃を与えた動画だったようなのですが、LogbarのHPにはもっと長いバージョンの動画ありました。英語なんですが、見るだけでもできることがかなりわかります。

元々は指輪だけで完結するものにしたいって言っていたのですが、いろいろやろうとすると指輪が大きくなりすぎてしまいかっこ良くないので、スマフォとペアリングすることでいろんなことが実現できるようになったそうです。

Ringでできること

プレス素材の中に4つのできることがありました。

Ring_Futures

英語なんですが、ざっくり説明すると

  1. ジェスチャーでアプリとかコントロールする機能
  2. 空中に書いた文字を認識する機能
  3. 設定すれば支払いもできちゃう機能
  4. バイブとLEDでお知らせしてくれる機能

という4つだそうです。(英語に自信ないので間違ってたらすいません。。)

ただ、指の動きだけで文字を認識できちゃうぐらいすごい仕組みを持っているので、今後色々な使い方が作られていきますよね!!吉田さんいわく魔法のように指先だけでいろいろできちゃうのが理想とのことでした!確かに動画を見ているとそうですよね。指先をくねくねしたらいろいろなことが出来るようになってしまう世界がすぐ目の前にあるのが感じられました!

Ring Store

他にできることに関しては、Apple StoreのようにRing専用のアプリショップ「Ring Store」も作るようで、沢山の人がアプリの開発も出来るようです。ということは、iphoneのように今後Ringが販売されるようになればどんどんいろんな人のアイディアが入ってきて、たくさん面白い使い方が出てくるんですね!!

めちゃくちゃ期待できますね!!

App_ringstore

App_ringstore

Ringのまとめ

ソフトバンクワールドで偶然出会った「Ring」なのですが、すでに結構ハマってしまいました。以前、Gunosyで目にした気がするのですが、そのときは「へぇ〜」ってぐらいだったのですが、実際に開発者の話しを生で聞くとぜんぜん違います。

僕は行ったことはないのですが、ジョブズがiphoneを初めて世の中に公開した時のプレゼンの時って、今回僕が体験した「Ring」の講演のようだったのじゃないかと思っています。
会場は、そんなに人が多かったわけじゃないのですが、時間が経つにつれて会場にいた人たちの雰囲気がどんどん変わっていくことも感じました。ログバーを含め8講演に参加したのですが、他の講演ではなかった空気感になっていました。

実際に話を聞いた内容も、すごくいろいろなことが出来そうだし、Ringを持っていたら便利だし楽しそうです。またRingだけではなくてほかのウェアラブルデバイスやベースとなるスマフォを組み合わせたらもっともっとおもしろいものが開発されていって、近未来のアニメのような世界が来るんじゃないかと感じることが出来ました。

いづれは、自分もその中でおもしろいことをやっていきたいものです!!

<ジュエラブルデバイスの補足>

そういえば、書き出しの文章で「ジュエラブルデバイス」って書いたのですが、説明してなかったですね。
Ringがどんどん有名になってきたら、ジュエリーショップからの問合せがかなりあったようで、ウェアラブルッて言うよりももっとジュエリー寄りの需要があったようで、ログバーの社内で流行っている言い方だそうです。

ジュエリー + ウェアラブル = ジュエラブルデバイス

参考サイト

Logbar http://logbar.jp/ring/
RingのKickstarterページ https://www.kickstarter.com/projects/1761670738/ring-shortcut-everything

コメント

タイトルとURLをコピーしました