Adsenseの「米国の税務情報の提出」で、名前のミスマッチで承認されなくて大変だった!【解決・入金確認済み】

web制作

Youtubeの広告でも利用されているAdsenseですが、管理画面に「重要: 他の税務情報が必要かどうかをご確認ください。お支払いの源泉徴収を正しく行うため、すべての YouTube クリエイターとパートナーの皆様に、税務情報を提出していただく必要があります。」という通知が出てきています。

詳細を見てみると(太字部分は僕が追加しています。)

早ければ 2021 年 6 月より、Google は、米国の視聴者から生じた収益に対して米国の源泉徴収税の控除を開始する可能性があります。これに伴い、可能な限り早急に、米国の税務情報を AdSense でご提出いただけますようお願いいたします。2021 年 5 月 31 日までに税務情報をご提出いただけなかった場合、クリエイター様の全世界における収益合計の最大 24% が、Google により控除される場合がございます。

「2021年5月31日まで」なので、もろもろ調べた上で提出してみたら、、参考にしたサイトなどのようにサクッと終わらず、追加資料が必要と表示されて身分証の提出をしたのですが、数日後に「名前がミスマッチで承認できない」的な英文メールが来ました。

色々と調査、実験してみた結果、Googleアカウントの名前ではなく、Adsenseの「お支払い」>「設定」にある「お支払いプロファイル」の「名前と住所」の部分を修正したら、無事承認されました

なぜか分からなかったのでいろいろ検索していたのですが、同じようなことにあっている人を見つけることができず。。。なので同じように困っている人の役に立つかもなので、参考として共有します。

ただ、無事承認されてAdsenseの支払いも期日どおり行われるとメールが来ましたが、僕は税理士でもなく共有した内容について責任は取れませんので、自己責任で参考にしてくださいな。

【2021/8/23 追記:ちゃんと入金されました】

「米国の税務情報の提出」の詳細について

そもそも「米国の税務情報の提出」ってなんだろうというところから始まって、色々検索してみたら「Youtubeヘルプ」のページのほうがわかりやすかったので、詳細を知りたい方は以下を確認ください。

Google への米国の税務情報の提出 - YouTube ヘルプ

ちなみに「Adsenseヘルプ」だと、情報が少なくてなんか難しかった。

Google への税務情報の送信 - Google AdSense ヘルプ

他にも色々検索してみて「税務情報の提出」を調べてみたところ、最初に引用したように「収益合計の最大 24% が、Google により控除される場合がございます。」って言うことですね。

日本は「租税条約の適用のある国」に当たるそうなので、税金分を控除されないようにこれは提出しておかなきゃ!ですね。

米国税務情報を入力後、「確認書類が必要です」と表示される

色々なサイトで「米国税務情報を入力する手順と方法」を確認して、データ入力を進めていき最後に「送信」ボタンを押してみたら、、「確認書類が必要です」と表示されました。

米国税務情報を入力「確認書類が必要です」

追加資料が必要な理由として「正式な氏名がアカウント名と一致していない。」と出ていますが、こんな表示はどのサイトにも出て来ませんでした。

「あぁ〜〜期限ぎりぎりになって、提出する情報が更新(追加)されたんだなぁ〜!」と思い、普通に運転免許証のデータをアップしました。

「書類を送信」すると

米国税務情報を入力「確認書類の送信」

「・・・税務情報の処理が完了次第、メールでお知らせします。」とのこと。

「OK」ボタンをクリックすると

税務情報の管理画面

各ステータスは「審査中」の表示になりました。

「名前のミスマッチ」というメールが届く

日本時間の2021年5月26日13時頃に、税務情報を提出してから1日半後の5月27日(木) 23時過ぎに「tax-forms-request@google.com」から以下のメールが来ました。

Hi from Google,

During a review of your tax certification, we have identified that the name provided on your tax certification does not match the name associated with your account with Google. Therefore, we will require additional information in order to validate your form.

In order to validate your tax certification, you are requested to resubmit a new tax form which includes the name associated with your account with Google. If the legal name listed on the current tax certification is correct, please ensure that your account is updated to reflect this name OR include the name associated with your account in the DBA/DRE (doing business as/disregarded entity) field on the “Tax Identity” section of the tax form questionnaire and resubmit your tax form.

Please follow the steps below to resubmit your tax form.

  1. Sign in to the Google payments center.
  2. Under Settings > United States tax info, click Manage tax info.
  3. Select the individual/entity/organization for which you’re providing a tax form.

For a faster response, please ensure to only include the one Google team email address relevant for your query [e.g. XXX(team name)@google.com] when sending your inquiry to us. Emailing multiple team email addresses could route your query to incorrect teams and could slow down our response times to your query.

Thanks,

よくわからなかったのでGmailの機能で機械翻訳してみるとこんな感じでした。

Google からこんにちは。

納税証明書の審査の結果、納税証明書に記載されている名前が、Google のアカウントに関連付けられている名前と一致しないことが判明しました。したがって、フォームを検証するために追加情報が必要になります。

納税証明書を検証するには、Google のアカウントに関連付けられている名前を含む新しい納税フォームを再送信する必要があります。現在の納税証明書に記載されている法的な名前が正しい場合は、アカウントがこの名前を反映するように更新されていることを確認するか、アカウントに関連付けられている名前を「税納税フォームの質問の「ID」セクションにアクセスして、納税フォームを再送信してください。

以下の手順に従って、納税フォームを再送信してください。

  1. Google ペイメント センターにログインします。
  2. [設定] > [米国の税情報] で、 [税情報の管理] をクリックします。
  3. 納税申告書を提供する個人/団体/組織を選択してください。

迅速に対応するため、お問い合わせを送信する際は、クエリに関連する Google チームのメール アドレスを 1 つだけ含めるようにしてください [例: XXX(チーム名)@ google.com ]。複数のチームのメール アドレスにメールを送信すると、クエリが間違ったチームにルーティングされ、クエリへの応答時間が遅くなる可能性があります。

ありがとう

機械翻訳すごいですよね。ほぼほぼ意味がわかる日本語に翻訳してくれました。

ただ、、書いてあることがよくわからないっていう。。

でも入力時に気になっていた部分だったのですが、「W-8BEN納税フォーム」の「個人名」のところで

「W-8BEN納税フォーム」の「個人名」

日本語は使えないので英語で入力する必要があったのですが、日本語のように「姓・名」なのか英語の授業で習ったように「名・姓」なのか分からず、、補足部分には【税務署類に記載されている個人名】と書いてくれていたのですが、税務署類日本語だしなって。。。

結局、日本の英語授業に従って「名・姓」としていたのですが、そこが問題なのかもと!!

「米国の税務情報」を再提出

審査中となっていた「税務情報の管理」ページにある「新しいフォームを送信」ボタンをクリックして、

「税務情報の管理」ページにある「新しいフォームを送信」ボタン

最初に送信したデータを削除して、「名・姓」が違ったんだと思って「姓・名」にして再提出しました。

また「確認書類が必要です」と表示されたので、前回同様に免許証をアップデート。「・・・税務情報の処理が完了次第、メールでお知らせします。」となったので、一旦待機です。

ちなみに5月28日(金)の午前中に、提出をしたので週末を挟むからどうなるのかなぁ〜と。

「ドキュメントの英語訳・・・」というメールが届く

提出してから3日後の深夜、6月1日深夜1時前に以下のメールが届きました。

Hi from Google,

Thank you for the additional documentation you have provided regarding your Form W-8; however, it cannot be fully processed as is.  If an English translation of the documentation is not available, we ask that you please confirm the following:

  1. Location of name on the document and English translation
  2. Location of effective date / expiration date on the document and English translation

Please follow the steps below to submit your document.

  1. Sign in to the Google payments center.
  2. Under Settings > United States tax info, click Manage tax info.
  3. Click Submit missing documents from the banner at the top of the page.

Thank you for your urgent attention to this matter.

For a faster response, please ensure to only include the one Google team email address relevant for your query [e.g. XXX(team name)@google.com] when sending your inquiry to us. Emailing multiple team email addresses could route your query to incorrect teams and could slow down our response times to your query.

Thanks,

機械翻訳文が以下になります。

Google からこんにちは。

フォーム W-8 に関してご提供いただいた追加のドキュメントに感謝します。ただし、そのままでは完全に処理できません。ドキュメントの英語訳が利用できない場合は、次のことを確認してください。

  1. 書類上の名前の位置と英訳
  2. 書類上の発効日・有効期限の記載場所と英訳

以下の手順に従って書類を提出してください。

  1. Google ペイメント センターにログインします。
  2. [設定] > [米国の税情報] で、 [税情報の管理] をクリックします。
  3. ページ上部のバナーから [不足している書類を提出] をクリックします。

この件について早急にご注意いただきありがとうございます。

迅速に対応するため、お問い合わせを送信する際は、クエリに関連する Google チームのメール アドレスを 1 つだけ含めるようにしてください [例: XXX(チーム名)@ google.com ]。複数のチームのメール アドレスにメールを送信すると、クエリが間違ったチームにルーティングされ、クエリへの応答時間が遅くなる可能性があります。

ありがとう

つまり、提出した運転免許証のデータだと、アメリカ側で処理できないってことなのかなと。メールが来た時間を考えても、日本側ではなく海外で対応してくれているのかもしれないなぁ〜と。

アップできるデータは1つだけだったので、どうしたものか考えていて、これに対応するには、、免許証の画像データの中に、英訳を入れなきゃいけないのかなぁ〜。それとも、別途テキストデータを貼り付けるべきなのかなぁ〜、、、って考えていたら、同時に申請していた奥のアカウントへは、ちょっとだけ内容が違うメールが届いていました!

「アカウントに関連付けられている名前」の不一致、というメールが届く

メールの中に名前が出ちゃってたので、そこだけわかりやすいように書き換えました!

Hi from Google,

Thank you for re-submitting your tax form.

We reviewed your tax form and deemed it to be invalid due to a name mismatch.  The name mismatch was triggered since the name associated with the account in our records is different from the name(s) provided on the tax form.

Name for the account in our records: 日本 花子

Name(s) on the tax form: Nihon Hanako.  

If you wish to submit a tax form under Nihon Hanako, please update your account details to reflect this name.

You may also consider including the name associated with your account in the Doing Business As (DBA) / Disregarded Entity (DRE) field in the “Tax Identity” section of the tax form questionnaire and resubmit your tax form.

Please follow the steps below to resubmit your tax form.

  1. Sign in to the Google payments center.
  2. Under Settings > United States tax info, click Manage tax info.
  3. Select the individual/entity/organization for which you’re providing a tax form.

For a faster response, please ensure to only include the one Google team email address relevant for your query [e.g. XXX(team name)@google.com] when sending your inquiry to us. Emailing multiple team email addresses could route your query to incorrect teams and could slow down our response times to your query.

Thanks,

下が機械翻訳ですが、ローマ字の名前部分も翻訳されてわけがわからなくなっています。

英語がベースなので、1つ目は漢字。2つ目、3つ目はローマ字表記だったのですが、機械翻訳されちゃって、漢字違いの表示になってました。

Google からこんにちは。

納税フォームを再送信していただきありがとうございます。

お客様の納税フォームを確認したところ、名前の不一致により無効と判断されました。私たちの記録にあるアカウントに関連付けられている名前が、納税申告書に記載されている名前と異なるため、名前の不一致が引き起こされました。

記録にあるアカウントの名前: 日本花子

納税申告書上の氏名:日本華子。

日本華子で納税申告書を提出したい場合は、この名前を反映するようにアカウントの詳細を更新してください。

アカウントに関連付けられている名前を、納税申告用紙の質問票の「納税者番号」セクションの Doing Business As (DBA) / Disregarded Entity (DRE) フィールドに含めて、納税申告書を再提出することもできます。

以下の手順に従って、納税フォームを再送信してください。

  1. Google ペイメント センターにログインします。
  2. [設定] > [米国の税情報] で、 [税情報の管理] をクリックします。
  3. 納税申告書を提供する個人/団体/組織を選択してください。

迅速に対応するため、お問い合わせを送信する際は、クエリに関連する Google チームのメール アドレスを 1 つだけ含めるようにしてください [例: XXX(チーム名)@ google.com ]。複数のチームのメール アドレスにメールを送信すると、クエリが間違ったチームにルーティングされ、クエリへの応答時間が遅くなる可能性があります。

ありがとう

結果、奥のアカウントだと日本語表示とローマ字表示だから統一してね!って言うことだったのですが、納税申告書にはローマ字じゃないとだめなので、漢字で入力しているアカウント名をローマ字に変更することにしました。

アカウント名の変更

いくつかのメールを受信して、内容を確認していくと「Google のアカウントに関連付けられている名前と一致しないことが判明しました。」「私たちの記録にあるアカウントに関連付けられている名前が、納税申告書に記載されている名前と異なるため、名前の不一致が引き起こされました。」という形で連絡が来たので、「アカウント名」に問題があるようなので、念の為現状を確認してみました。

Googleアカウントのアカウント名

とりあえずは、どのサービスを使っても右上に表示されているところから、Googleアカウントのページに飛べるので、その中の「個人情報」を見てみたのですが、、、ちゃんとローマ字表記になっていました。

Googleアカウント「個人情報」

「姓・名」の順番もあっていました。

ちなみに、名前を変更しようとすると、ちゃんと「姓・名」の枠が表示されるので間違いないですね。

Googleアカウント「名前」

Adsenseの「お支払いプロファイル」の名前

Googleアカウントの「名前」部分ではなかったので、どうしたものかと色々見ていたら、Adsenseのアカウント内にも「名前」があるのを発見しました!

Adsenseの「お支払いプロファイル」の名前

Adsenseの管理画面トップから、左上の「三」三本線、> 「お支払い」 > 左下の「設定」 部分に、上記の「お支払いプロファイル」があり、その中の「名前と住所」の部分になります。

この部分を修正して、「米国の税務情報の提出」を再送信するとうまくいきます。

あとでわかったのですが、Adsenseのメニューの中に「個人設定」というのがありますが、こちらは漢字で「姓・名」を入力したままでしたが、問題ありませんでした。

Adsenseの個人設定

「お支払いプロファイル」の「姓・名」を修正したら承認された

ここまで色々調べてきましたが、Adsenseの「お支払いプロファイル」内にある「姓・名」を修正して、「米国の税務情報」を再度提出してみたら、何度も出てきた「確認書類が必要です」が出てくることなく、すんなり承認画面に飛びました。

Adsenseの「米国の税務情報」承認画面

緑文字で「承認済み」「申請済み」というテキストが並んでいます!

また、登録しているメールにもメールが飛んできて、「税務情報が承認されました」と!!!

Adsenseの「米国の税務情報」承認メール

これで、支払いも期日通りに行われるし、源泉徴収税率も「0%」にすることができました。

・・・ここまで長かったぁ〜〜。

Adsenseの「米国の税務情報の提出」で、名前のミスマッチで承認されなくて大変だった!【解決済み】 のまとめ

どうやらGoogle内には、いろいろな場所にアカウント名の入力部分があり、Adsenseの「米国の税務情報の提出」では、「お支払いプロファイル」内にある「姓・名」と名前が一致していないと、追加情報の提出や審査が入るようですね。

内容に間違いがなければすんなり完了するようですが、一致していない場合は英語のメールを解読して対応する必要があり大変でした。

ただ、ちゃんと申請することができたのでとりあえずは良かったかと。あとは、支払いが期日通りに行われるかですが、分かり次第この部分も追記しようと思います。以下、追記しました。

【2021/8 追記】ちゃんと支払いが期日通りに行われて、入金されました。

アカウント情報の名前ミスマッチは解決できて、税務情報が承認されたものの、源泉徴収されることなく期日通りに支払いが行われるかドキドキしていたのですが、メールが来てちゃんと入金されていました。

受領した「最近のお支払をご確認ください」メール

ネットバンクの入出金確認画面

8/21は金曜日だったので、入金は週明けの月曜日でした!

手探りで行った「米国の税務情報の提出」でしたが、ちゃんと提出方法が合っていたようでホッとしました。

管理画面上の表示金額と入金された金額は同じだったので、源泉徴収はされていないようです!

以上になりますが、参考になれば幸いです♫

コメント

  1. hazime より:

    すごく悩んでいたのですがこのページをみて解決しました ありがとうございました。

  2. なみえ より:

    全く同じ状況で困ってました!!
    まだ試してないですがやってみます。ありがとうございます

  3. Shun より:

    全く同じ状況で困っていたので大変助かりました!
    自分の場合は、ビジネスにしていたので「お支払いプロファイル」内の「名前」に加えて、「企業名」も英語表記にして統一したところ、無事承認されました
    参考までにこちらで共有しておきます。

    • tontotakumi より:

      コメントありがとうございます! 追加情報までありがとうございます!皆さんの参考になれば幸いです。

  4. Haru より:

    無事この方法で承認されました!
    めっちゃ困っていたので助かりました!
    ありがとうございます!

  5. […] 説明しといてよ。8月20日になって、こんな記事を見つけました。tontotakumiさんの記事。Adsenseの「米国の税務情報の提出」で、名前のミスマッチで承認されなくて大変だった!【解決済み】 […]

  6. noa より:

    tontotakumiさんこんにちは、
    ブログ読ませていただきました。
    私は今月になって「名前の不一致から承認出来ません」とメールが来ました。3月に財務情報の提出をした時はあっさり承認されたのに、なんで今になってからなのかと思いました。
    自分のはまだ調べてはいませんがtontotakumiさんのブログを参加にさせていただきたいと思います。^^

タイトルとURLをコピーしました