Library Z-Library books on zlibrary official

Googleアドセンスに「できる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください」と表示された

web制作
記事内に広告が含まれています。

Googleアドセンスのトップページにアクセスしたら、

お支払いが遅れることなく、税金の源泉徴収も適切に行われるようにするため、できる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください

と表示され、【税務情報の追加】というボタンも表示されていました。

以前、「Adsenseの米国の税務情報の提出」で苦労したことを思い出したのですが、運転免許証のデータを提出したら、すんなりと「シンガポールの税務情報が受理されて承認され、有効」になったみたいです。

税務については法律上税理士しか助言できないため、税理士じゃない僕の経験なので、あくまで参考としてくださいな。

シンガポールの税務情報提出の流れ

Googleアドセンスの「お支払い情報」ページの中に、真っ赤な注意書きとともに【税務情報の追加】ボタンがあるのでクリックします。

「シンガポールの税務情報提出」が必要になった理由確認

「お支払い > 設定 > 税務情報の管理」が表示されて、「アメリカ合衆国」の下に「シンガポール」が追加されていて、注意書きが出ていました。

  • お支払いが遅れることなく、税金の源泉徴収も適切に行われるようにするため、できる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください。
    • Google では、お客様の シンガポール における税務情報を収集することが法的に求められることがあります(ここでお客様が収益を得られている、またはお支払いを受け取られているため)。
    • 税務情報を追加することで、適用される源泉徴収税の正しい金額を算出できます。詳しくは税務情報についての記事をご覧ください

「シンガポール」のタイトル横に表示されている「ⓘ」部分に、マウスオーバーすると、

次のいずれかに該当する場合、税務情報の提供を求められることがあります。

  • あなたはこの国からのお支払いを受け取っています

税務情報の詳細

のように表示されました。

要するに「シンガポールの税務情報提出」が必要になったのは、シンガポールからの収入があったからのようですね。

「シンガポールの税務情報提出」の準備

理由がわかったので【税務情報の追加】をクリックすると、始める前の注意書きが表示されました。

始める前に

  • 所要時間 5〜10分
  • 居住者証明書、免税書類、会社定款などの税務ステータスに関する書類(PDF、PNG、JPEG)をご用意ください
  • アップロードする書類が鮮明で、該当する場合はカラーであることをご確認ください
  • 正しいお支払いプロファイルを使用していることを[設定]でご確認ください。税務情報は、ご使用中のお支払いプロファイルに適用されます

「居住者証明書」は免許でも良さそうなので、【フォームを開始する】をクリックします。

「シンガポールの税務情報」入力

「シンガポールの税務情報」が開かれて、4つの選択項目が表示されました。

  • 業種
  • シンガポールに恒久的施設を所有しているか?
  • 海外ベンダー登録制度に基づいて、シンガポールの物品サービス税(GST)に登録されているか?
  • 免税対象となっているか?

業種の選択

まず企業情報として業種を選択するのですが、5つの選択肢から選びます。

僕の場合は「個人の運営者」です。(トラストって何だったんだろう。)

シンガポールに恒久的施設所有の有無

「恒久的施設」ですが、意味が分からなかったので ⓘ をマウスオーバーしたら、以下が表示されました。

恒久的施設とは、オフィスや倉庫などの物理的な場所、または事業のために継続的に行われているサービスを指します。恒久的施設があるかどうかについては、税理士に相談ください。

施設はないので、「いいえ」ですね。

シンガポールの物品サービス税(GST)の登録有無

シンガポールの物品サービス税(GST)に登録した覚えはないので、これも「いいえ」。

 

課税免除対象か?

「課税免除」の部分では、免税対象がなにか分からないので ⓘ を見ると、

お客様の税務上の居住国がシンガポールと租税条約を締結している場合は、より低い源泉徴収率が税金に適用されることがあります。これが適用されるかどうかについては、税理士にご相談ください。

これに関しては、税理士への相談が必要な感じがしたのですが、「租税条約」については以前、「米国の税務情報の提出」をした際にも出てきて単語でした。

以前ように、「シンガポール 租税条約」でググってみたら、財務省のサイトに概要が出ていました。

アメリカ同様に租税条約があるようなので、このサイトを参考にして「はい」にしました。

「税法上の居住地」と「居住者証明ドキュメントのアップロード」

「課税免除」の部分を「はい」にしたら、その下に「税法上の居住地」という項目が追加で表示されました。

この項目では「Google が源泉徴収と税務報告の要件を判断できるように、税法上の居住国 / 地域を選択し、現地の政府が発行した税法上の居住地の証明書をアップロード」する必要があります。

「税法上の居住国 / 地域」部分は【日本】が選択されていたのですが、ⓘ を見てみると以下が表示されました。

居住者証明は「税法上の居住地の証明書」を選択して、運転免許証の表側をアップロードしてみたのですが、

注意書きに「Google お支払いプロファイルの情報を正確に一致していることを確認してください」と出ていたので、念のため「お支払いプロファイル」も確認してみました。

「お支払いプロファイル」は、Google アドセンスの左側にあるメニューから『お支払い > お支払い情報 > ページ下の方の「設定を管理する」』で、表示することが出来ます。

「シンガポールの税務情報」を送信

住所は日本語で表記されているので、運転免許証でも問題無いかと思ったので、そのまま【送信】してみました。

 

自動的にページが移動して、「税務情報の管理」が出てきたのですが、「税法上の居住地」のステータスは【審査中】になっているのですが、「シンガポールの税務情報」はステータスが【承認済み】になっていました。

 

なぜだろうと思っていたら、メールをピコン・ピコンと受信して、内容を見てみると、「税法上の居住地における情報変更」のメールが1通と、

「シンガポールにおける税務情報が受理された」メールが同時刻に届いていました。

Googleアドセンスに「できる限り早急にシンガポールの税務情報をご提出ください」と表示された のまとめ

「シンガポールの税務情報」として、表示された選択肢を選んで、運転免許証のデータをアップロードしたらサクッと承認されたようです。

ただ、「税法上の居住地」のステータスは【審査中】になっていて、以下のように審査に時間がかかるようです。

お客様の税務情報は審査中です。税務情報が承認されるまでの間は、お客様の税法上の居住国でデフォルトで適用可能な税制が適用されます。

審査には最長で 7 営業日ほどかかる場合があります。税務情報が受理されると、メールが届きます。必要に応じて、さらに詳しい情報の提供をお願いするメールをお送りする場合があります。

無事、審査を通過したら、追記しておこうと思います!

税務情報の審査で「追加書類が必要」になった【20240115 追記】

クリスマスイブに申請した「税務情報」ですが、2024年を迎えて正月休みを満喫し終わったら、前回同様に、「お支払い情報」下のピンク部分には、2種類の表示も出てきました。

要ご対応: YouTube 向け AdSense のお支払いアカウントをご確認ください
要ご対応: AdSense お支払いアカウントをご確認ください

どちらにしても、「お支払いアカウント」の確認が必要なので、【操作】のリンクをクリックしたら、Googleアドセンスの「お支払い情報」ページに移動して、真っ赤な注意書きが復活しました。

税務情報を確認するために追加書類が必要です。税務情報が承認されるまでの間は、お客様の税法上の居住国でデフォルトで適用可能な税制が適用されます。
【税務情報の更新】をクリックしたら、「税務情報」のステータスが「対応が必要です」になっていました。

不足しているドキュメントを送信する】をクリックすると以下のポップアップが出てくるのですが、前回提出した「運転免許証」だと、ドキュメントの種類が有効ではないようです。

またググり直してみたら「居住者証明」として、自分の住所の所轄の税務署(確定申告を提出する税務署)で「居住者証明書交付請求書」を使って、交付してもらえるようです。

ちょっとだけ手間がかかったので、次の記事にまとめます!

参考にしたサイト

Googleアドセンス「シンガポールの税務情報を提出」とは?原因と対処方法を解説
Googleアドセンスを運営していると突然シンガポールの税務情報の提出を求められることがあります。Googleアドセンスのシンガポールの税務情報の登録をしても簡単には通過しません。当記事を読めば「シンガポールの税務情報」の問題は解決します。...
我が国とシンガポールとの間の租税条約に対する本条約の適用関係の概要 : 財務省
我が国とシンガポールとの間の租税条約に対する本条約の適用関係の概要

コメント

タイトルとURLをコピーしました